Menu

顎関節症

Home
顎関節症

顎関節症とは? (がくかんせつしょう)

顎関節症とは?

顎関節症(がくかんせつしょう)とは、顎関節部(あごの関節)や咀嚼筋(下あごを動かし食べ物を細かくする働き)等の痛み、カクカクした関節音、口が開かない、又は閉じにくい等の顎運動異常を主要症候とする慢性疾患群の総括的診断名であり、その病態には咀嚼筋障害、関節包・靭帯障害、関節円板障害、変形性関節症などが含まれています。

また長時間 頬杖(ほおづえ)をついていたり、うつ伏せに寝て顎を枕などに押しつけて寝ていた場合などにも一時的に症状が生じる事があります。
顎関節症の症状としては一般に、顎運動障害、顎関節痛や関節雑音が単独もしくは複数合併して発現し(これを顎関節症の主要3症状と呼びます)。疼痛は主に顎運動時に生じます。

雑音には、ゴリゴリという低い音のcrepitusと、カクン,コクンという弾撥音であるclickingとがあり、その他にも、耳周囲の痛み、耳閉感、難聴、めまい、眼精疲労といった眼や耳の症状、頭痛や首、肩のこり等の症状を呈する場合があります。

顎関節症の治療

顎関節症の治療

歯科・口腔外科で顎関節症と診断された場合、一般的には症状に合わせたマウスピース(スプリント)が多く用いられます。
しかしこの場合、マウスピースに慣れるまで違和感を訴える方がおられ、その違和感から首や肩の凝りが増すという悪循環が生じる事があります。

当院での顎関節症の改善療法は、十分な問診と顎関節の動きを確認し、手技により顎の左右の関節の動きを改善します。
また、患者様ご自身での運動によりゆっくりと痛みなく関節の可動範囲を広げ筋肉をほぐすことにより、関節の動きを改善してゆきます。
並行してご家庭でのセルフストレッチの方法も指導いたしますので、症状改善後はその状態をご自身で維持していただけます。

メールはこちら